tatzmiki (タツミキ)

タツ・ミキは、最も古い歴史を持つ染料のひとつであり、地球上の様々な文明において使われてきたインディゴ染料と、その文化の素晴らしさを世界中の人々に伝えるメッセンジャーです。そして世界各地に数多く存在しているインディゴ染めの中でも、もっともラグジュアリーな色を出す天然の発酵染料を使った作品づくりをしています。

"発酵"する染料

Mikiは天然の木灰を使って自然発酵させたインディゴ染料を使って手染めしています。チーズ、ワイン、シャンパン、味噌、納豆など発酵食品は種類も多く、とてもよく知られていますが、その染料バージョンが発酵インディゴなのです。発酵パワーをフルに活用することで、生命力溢れる、艶やかなインディゴブルーが生まれるのです。多くの方は、インディゴ染めというと青い染料の中に入れることで布を青く染めると思っていますが、実際はそうではありません。それは空気に触れることで色になる染料なのです。実際の染料は緑がかった濃い茶色で、そこに布を浸した後、外に出した瞬間に色が表れはじめます。従って、基本的に染色の濃さは生地を染料に浸す時間の長さではなく、染料への出し入れの回数で決まります。一回の出し入れにかかる時間は、生地の厚さにも依りますが、生地をゆらゆらと動かしながら浸して30秒、その後引き上げた瞬間から変色をはじめ、30秒も空気に触れさせれば十分です。ただ、染料は微生物が発酵活動する生命体なので、あまり短期間に酷使しすぎると発酵するパワー自体を失ってしまうので注意しなければなりません。

色の名前と価値

Mikiは、インディゴが出す色艶を8段階に分け、それぞれに名前を付けています。色が濃いほど高価になります。濃い方が染める手間もかかり、インディゴの含有量も多くなるためです。デビュは一回染め、ヴィクトワールは概ね60〜70回です。色が濃いほど殺菌効果やUVカットなどの効力が強くなります。なお、これらの色は植物の種類や原料のでき、染料の発酵具合などによって微妙に変わってくるため、まったく同じ色にはなりません。テロワールの原理が働くワインと同様、つまり生産地や生産年、生産者の個性、使う種の種類、開けるタイミングなど多くのな要素が交わりそれぞれのワインの味を特徴づけているように、Mikiのインディゴ作品はそのどれもが世界で唯一の色艶を奏でるオンリー・ワンの色なのです。

No名前染め回数
1. Début (デビュ) すべてがはじまる瞬間のベリー・ファースト・ブルー1
2. Brise (ブリズ) 初夏のそよ風を思わせる爽やかなピュア・ブルー2-
3. Ciel(シエル) どこまでも青い永遠のエターナル・ブルー約10-
4. Aube(オーブ) 朝焼けのようなルビーがうっすらあらわれるミステリアス・ブルー約25-
5. Amour(アムール) 恋する大人のための華やかなレディッシュ・ブルー約40-
6. Univers(ユニヴェ) ブルーがルビーと溶け合って生まれるノーブルな宇宙のパープル約50-
7. Victoire (ヴィクトワール) "かちいろ"と呼ばれサムライに愛されたウイナーズ・パープル約60-
8. Infini(アンフィニ) 無限へと続く究極のグラン・パープル約80-

1〜3:ブルーが段々と深まる。
4〜5:ルビー色が見えるようになる。
6〜8:ブルーとルビーが交わり深いパープルへと向かう