tatzmiki (タツミキ)

タツ・ミキは、最も古い歴史を持つ染料のひとつであり、地球上の様々な文明において使われてきたインディゴ染料と、その文化の素晴らしさを世界中の人々に伝えるメッセンジャーです。そして世界各地に数多く存在しているインディゴ染めの中でも、もっともラグジュアリーな色を出す天然の発酵染料を使った作品づくりをしています。

"発酵"する染料

Mikiは天然の木灰を使って自然発酵させたインディゴ染料を使って手染めしています。チーズ、ワイン、シャンパン、味噌、納豆など発酵食品は種類も多く、とてもよく知られていますが、その染料バージョンが発酵インディゴなのです。発酵パワーをフルに活用することで、生命力溢れる、艶やかなインディゴブルーが生まれるのです。多くの方は、インディゴ染めというと青い染料の中に入れることで布を青く染めると思っていますが、実際はそうではありません。それは空気に触れることで色になる染料なのです。実際の染料は緑がかった濃い茶色で、そこに布を浸した後、外に出した瞬間に色が表れはじめます。従って、基本的に染色の濃さは生地を染料に浸す時間の長さではなく、染料への出し入れの回数で決まります。一回の出し入れにかかる時間は、生地の厚さにも依りますが、生地をゆらゆらと動かしながら浸して30秒、その後引き上げた瞬間から変色をはじめ、30秒も空気に触れさせれば十分です。ただ、染料は微生物が発酵活動する生命体なので、あまり短期間に酷使しすぎると発酵するパワー自体を失ってしまうので注意しなければなりません。

色の名前と価値

Mikiは、インディゴが出す色艶を8段階に分け、それぞれに名前を付けています。色が濃いほど高価になります。濃い方が染める手間もかかり、インディゴの含有量も多くなるためです。デビュは一回染め、ヴィクトワールは概ね60〜70回です。色が濃いほど殺菌効果やUVカットなどの効力が強くなります。なお、これらの色は植物の種類や原料のでき、染料の発酵具合などによって微妙に変わってくるため、まったく同じ色にはなりません。テロワールの原理が働くワインと同様、つまり生産地や生産年、生産者の個性、使う種の種類、開けるタイミングなど多くのな要素が交わりそれぞれのワインの味を特徴づけているように、Mikiのインディゴ作品はそのどれもが世界で唯一の色艶を奏でるオンリー・ワンの色なのです。

No名前染め回数
1. Début (デビュ) すべてがはじまる瞬間のベリー・ファースト・ブルー1
2. Brise (ブリズ) 初夏のそよ風を思わせる爽やかなピュア・ブルー2-
3. Ciel(シエル) どこまでも青い永遠のエターナル・ブルー約10-
4. Aube(オーブ) 朝焼けのようなルビーがうっすらあらわれるミステリアス・ブルー約25-
5. Amour(アムール) 恋する大人のための華やかなレディッシュ・ブルー約40-
6. Univers(ユニヴェ) ブルーがルビーと溶け合って生まれるノーブルな宇宙のパープル約50-
7. Victoire (ヴィクトワール) "かちいろ"と呼ばれサムライに愛されたウイナーズ・パープル約60-
8. Infini(アンフィニ) 無限へと続く究極のグラン・パープル約80-

1〜3:ブルーが段々と深まる。
4〜5:ルビー色が見えるようになる。
6〜8:ブルーとルビーが交わり深いパープルへと向かう

究極のアジア・ブルー

日本の発酵するインディゴは、世界各地にある多種多様なインディゴ染めの一種です。そして、それはお箸や漢字が中国大陸からのものであるのと同様、元々は大陸から伝えられたもの。Mikiがジャパン・ブルーという呼び方を避けるのはそのためです。それは、長い年月をかけ多くのアジア人の知恵が集積してできた究極のアジア・ブルーなのです。

蛾の繭

インディゴ・ブルーを乗せるの"キャンバス"としてMikiが選んでいるのが普通の家畜のカイコとは異なるサタニーディ、すなわちヤママユガ科の蛾の繭からできた織り物です。サタニーディにはさまざまな色や形のものがありますが、どれも野性的な生命力に溢れていて、ナチュラル・インディゴと同じく、健康素材としてそのヒーリング効果が注目を集めています。Mikiは厳しい自然環境にも適応する能力を持つサタニーディとナチュラル・インディゴは、まさに究極のマッチングだと考えています。

Miki は、外見的な美しさに止まらないインディゴの魅力についても強く意識しています。たとえばインディゴの持つ消毒・殺菌効果です。古代エジプトでは、腐敗防止のためミイラをくるむ布として使用されるなど、その効果は古くから知られていました。日本でも戦国時代の武士たちは、戦による切り傷の病原菌から身を守ってくれると考え、こぞって鎧の下にインディゴ染めの肌着を身につけました。あまり知られてはいませんが、過剰な紫外線から肌を守る高いUVカット効果も大きな魅力のひとつです。インディゴ染めのものを紫外線を受けやすいところ、たとえば夏のビーチで遊ぶシーンなど積極的に活用していただき、肌を守ってもらうことを推奨しています。

なぜスカーフなのか

お客さまによく聞かれる質問のひとつに、なぜスカーフ(ばかり)を作っているのか?というものがあります。Mikiは、その質問をされると、いつも決まって以下の3つの理由をあげます。

まずひとつは、Mikiがナチュラル・インディゴの色自体の魅力を伝えることを喜びとしていて、デザインの凝ったものよりもシンプルな布の方がその魅力をダイレクトに伝えることができると考えていること。

2番目に、インディゴの持つ殺菌・消毒効果を生かすためには直接肌に触れるところに身につけるものに使うべきであり、スカーフ・ストール類はその用件を満たしていること。

そして3番目の理由。それは、衣服というものがそもそも紡がれた糸からでた布地、すなわち織り物からできており、その織り物はそもそも"四角いもの"として世に生まれてくるという事実です。手で一本一本紡がれた糸が織られできた本物の織り物に対して最大限の敬意を払うべきと考えているMikiにとって、"四角いもの"の代表であるスカーフ・ストール類はラグジュアリーの極みであり、本物の色ナチュラル・インディゴを乗せるキャンバスとして最高であるという結論に至ったのです。

色落ちについての考え方

天然のインディゴは、使用していくと徐々に色落ちします。お買い上げいただく際、お客さまには色落ちを前提に作品とお付き合いいただくことを必ずご了承いただいてください。特に濃い色のスカーフは、雨の日に使用したり、白い服の上に合わせる場合には色うつりに特に注意していただく必要があります。この色落ちは、作品が殺菌・消毒効果や紫外線を遮るUVカット効果を含む成分を色とともに発散し続けてきたという証拠です。Mikiは生きものを飼うような気持ちでインディゴを生活に取り入れていただくことをお勧めしています。ご購入いただいた作品に対しては染め足しのサービスを行っています。染め足すことで元のような色に戻すこともできましす。

お洗濯について

20〜30°Cの水で単独の手洗いをしていただくか、クリーニング店のドライクリーニングをお勧めしています。洗剤をご利用の際には、中性洗剤を使っていただいてください。なお、アイロンはコットンと同程度の温度に設定いただき、霧吹きかスチームをご使用の上かけていただいてください。

     
価格   新着  

ナチュラル・インディゴのシルクスカーフ Victoire (ヴィクトワール) -TATZ MIKI-

"かちいろ"と呼ばれサムライに愛されたウイナーズ・パープル。

83,160 円

ナチュラル・インディゴのシルクスカーフ Amour (アムール) -TATZ MIKI-

恋する大人のための華やかなレディッシュ・ブルー。

51,840 円

ナチュラル・インディゴのシルクスカーフ Ciel (シエル) -TATZ MIKI-

どこまでも青い、永遠のエターナル・ブルー。

30,240 円

ナチュラル・インディゴのシルクスカーフ Début (デビュ) -TATZ MIKI-

個性あふれる、生まれたてピュア・ブルー。

22,680 円
     
商品 4件

Sister Shop

img
img
img
img

Brands